08月 « 2017年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 10月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョンについて

2015年 12月28日 23:59 (月)

 避諱(ひき)という習慣が、かつてあった。
 目上の人間の諱(いみな)を用いることを避けるということで、東アジアによく見られる。
 例えば後漢の光武帝劉秀が即位したために、それまで「秀才」という言葉が「茂才」を改められたりした。
 このような風習があるので、本朝では過去の偉人の名を子孫が名乗ることは稀である。

 対して西欧では祖先の名を我が子の名とすることが多い。
 カール大帝の第三子はフランク国王ルイⅠ世を名乗ったが、フランス国王にはルイを名乗るものが数多いたことは〈太陽王〉の例を引くまでもないことである。

 ドーバー海峡を隔てたイギリスに於いても、先祖と同じ名を号する国王は数限りない。
 ジョージ、エドワード、ヘンリー……
 その中でどうにも嫌われている名が一つある。
 ジョン。
 英国人の名としてはありふれているが王位についたのはプランタジネット朝のジョンただ一人だ。

 1167年の12月24日にヘンリーⅡ世の末子として生を享けたジョンは、父から領土を与えられなかった。
 この当時のイングランドの王子としては異例のことである。
 珍事だから、その名で呼ばれた。
 〈欠地王〉ジョン。
 酷い呼び名である。

 彼の生涯は波乱万丈で、当時大陸に有していた領土を大きく減らしてしまったことで〈失地王〉とも呼ばれる。
 あまりに不満を抱かれたので、ついにはマグナ・カルタを認めざるを得なかった、というのが唯一の事績であろうか。
 ともかく、英国王の座に就こうとする者が好んで名を拝借したい人物とは思われていない。
 好物は桃だったようだが、それが仇となった。死因は赤痢。桃の食い過ぎとも言われる。


 さて、イギリスには今一人有名なジョンがいる。
 ジョン・レノン。
 言わずと知れたザ・ビートルズの一員だ。
 グレートブリテン島の北西部に位置するリヴァプールの出身者四人からなる彼らは一世を風靡し、今も愛され続けている。
 彼の父が〈欠地王〉から名を取ったわけではない。
 だが、二人のジョンに全く関わりがないわけでもない。

 〈欠地王〉の方のジョンは後世に寄与するところの乏しい人物である。
 ただ、妙な場所に都市建設の勅許を出した。そこは”dirty pool”と呼ばれていた小さな村だ。
 なんと彼はこの小さな村に自由都市の特権まで与える。1207年のことだった。

 村は人口600人ほどにまで増えたが、ここで一つの事件が起こる。
 近郊の港町チェスターが泥の堆積により港湾機能を大きく衰退させたのだ。
 リヴァプールと名を変えていた”dirty pool”は一躍、重要な港湾として脚光を浴び、大西洋三角貿易で重要な地位を占める。

 その後、紆余曲折あってリヴァプールはまた衰退することになるのだが、そこに四人の男が生まれた。
 ポール・マッカートニー。
 ジョージ・ハリスン。
 リンゴ・スター。
 そして、ジョン・レノン。
 リヴァプールという街がなければ彼らは生まれず、従って彼らの発表した213曲もこの世で演奏されることはなかったろう。
 〈欠地王〉にして〈失地王〉を嘲られるジョン王がいなければ。

トリアエズナマで新年会! 異世界居酒屋「のぶ」お客さまの集い!

2015年 12月22日 23:59 (火)

 早いもので今年ももう十二月。
 一年の過ぎるのが年々早く感じられる年頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 さて、来る1月30日に大阪ミナミは恵比寿町のカフェヴィランジュ様にて、
表題の通り、新年会を催して頂けることになりました。
 美味しい料理の出る新年会は二部構成となっております。
 詳細は以下の通り
  http://twipla.jp/events/179188
 よろしければ是非、ご参加ください。よろしくお願い致します。

母校に色紙を飾る

2015年 12月07日 23:59 (月)

 故郷に錦を飾れば格好がつくものの、母校に色紙を飾るのでは単に自己顕示欲の権化としか見て貰えないのではないだろうか。
 そんな心配をしながら母校の学生生協へ足を運ぶと、先日発売したばかりの拙著『異世界居酒屋「のぶ」四杯目』が迫力のある陳列をして頂いていた。ありがたいことである。

 担当者様ご不在ということで店長様に応対して頂いたのだが、何故か色紙が出てきてその場でサインをする事に。
 ご存知の方もいらっしゃる通り、私のサインは単なる署名であって、見栄えのするものではない。
 それでも苦心して何とか書き上げたものが母校の生協に飾ってある。

 あまり模範的な学生ではなかったが、こうやって卒業後も温かく迎えてくれるというのは、ありがたいことだ。
 もうすぐなくなってしまうなどという風聞は気にせず、また来年も五年後も十年後も再訪したい。 

『異世界居酒屋「のぶ」四杯目』の発売

2015年 12月04日 00:00 (金)

 お陰様でもう四杯目。
 居酒屋で飲めばそろそろ〆のご飯ものが欲しくなる酒量ですが、異世界居酒屋「のぶ」はまだまだ営業中。
 今回は異世界に無いはずのとある調味料が発端で……

 皆さまのご指導ご鞭撻とご声援によって四巻まで漕ぎ着けることが出来ました。
 まことにありがとうございます。
 運と縁とで生かして頂いていることを痛感する毎日です。

 この一週間ほど東京へお邪魔していたのはサイン本を作るためでした。
 幾つかの書店様にお邪魔してサイン本を作りましたので、ご興味のある方は探してみてください。

 また本日12月4日はヴァージニア二等兵先生による『異世界居酒屋「のぶ」』のコミカライズ版が掲載されたカドカワヤングエースの発売日でもあります。今回は書下ろし原作回になりますので、是非店頭にて一度手に取ってご覧ください。
 こちらのコミカライズ版を収録いたしました『異世界居酒屋「のぶ」(1)』は12月29日にカドカワコミックス・エースより発売いたします。年末年始のお供に是非よろしくお願い致します。

 四杯目も担当して頂きました転(くるり)先生によるコミカライズ『異世界居酒屋「のぶ」しのぶと大将の古都ご飯』も宝島社の「このマンガがすごい!web」にて大好評連載中。併せてよろしくお願いします。


 寒い日が続きますが皆様くれぐれもお身体をお大事になさってください。
 今後ともごひいきにお願い致します。

情報アキハバラエティ「はばラヂ」さんにお招き頂きました!

2015年 12月03日 23:59 (木)

 様々な情報を秋葉原から発信する情報アキハバラエティ「はばラヂ」様にお招きい頂きました!
 今さん、海保さん、そしてリスナーの皆さま、ありがとうございます。

 今回は翌日発売の『異世界居酒屋「のぶ」四杯目』を少しくらいは宣伝させて頂けるかなとヨコシマな気持ちで伺ったのですが、番組の半分以上を「のぶ」トークに割いて頂けて、大変驚きました。ありがたやありがたや。
 メインパーソナリティの今さんが『異世界居酒屋「のぶ」』シリーズを大変よく読み込んで下さっていて、私も気持ちよく話をすることが出来ました。
 本当にありがとうございます。また呼んでやって頂けると、喜んで参上いたします。

 明日12月4日発売の『異世界居酒屋「のぶ」』もよろしくお願い致します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。