10月 « 2015年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学祭

2015年 11月02日 23:59 (月)

 母校の大学祭を、銀杏祭という。
 仕事は押しているが、今年だけは行っておかねばならないという使命感で、出掛けてきた。
 今年は無理にでも行っておきたかったのには理由がある。
 日本最古の公立大学にして、終戦後はGHQに接収されたという由緒ある我が母校は今、滅亡の縁に立たされていた。

 維新市政が原因だ。
 何の益もないのに、大阪市立大学と大阪府立大学を合併させようと目論んでいる。
 愛校心の強い方ではないが、義憤の一つも感じようというものだ。

 ほとんど寝ずに出掛けて行ったので、今にして思えば凄まじい顔色だっただろう。
 久しぶりに再会した恩師が妙な顔をしていたのも無理はない。
 近況報告はじめ、色々とご指導いただけたのは本当にありがたかった。
 十年経っても恩師は恩師だ。

 生協には『異世界居酒屋「のぶ」』が目立つ位置に陳列されていた。
 担当者にもご挨拶したので、きっと続刊も仕入れてくれるに相違ない。

 胃を悪くしているので学祭自体はあまり面白いものでもなかった。
 やはり祭りはジャンクな食べ物を食べるに限るのである。
スポンサーサイト

備忘

2015年 11月02日 20:05 (月)

 今日、とある声優さんが亡くなったことが公表された。
 まだ三十八という若さだ。
 冥福をお祈りする。

 普段から死ぬの死にたいのと言っている割に小心の私はこの報せに接して酷く驚いた。
 今、私は三十二だ。
 件の声優さんの亡くなった年まで六年。
 中島敦の亡くなった年まで、後一年である。

 まだまだ書き連ねたいことはあるのだが、あまり長くは生きられないのではないかという焦燥感が強い。
 これは日増しに酷くなっていて、あまりよろしくない状態であることは承知している。

 ただ、生来物忘れの激しい性質であるので、その焦りさえもしばしば忘れてしまう。
 物書きとしては大変な欠点だ。

 もちろん良いこともある。
 先日、必要があって志賀直哉の『小僧の神様』を読み返した。
 幾度も読んだはずなのに筋の最後をすっかり忘れていて、初読であるのように楽しんだ。
 これは大変結構なことである。

 しかしよくよく考えてみれば、困ったことだ。
 あまり日数が残っていないとするならば、物を次々に忘れていくというのは具合が悪い。
 復習の時間も、あまりないのだ。

 だから、備忘を付ける事にした。
 備忘を付けることさえ忘れることもあろうが、そこは大目に見て頂きたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。