11月 « 1901年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

既刊一覧

1901年 12月14日 05:45 (土)

異世界居酒屋「のぶ」
2014/09/10(予定) 宝島社
illustrator:転 様
古都アイテーリアの裏路地に、一風変わった店があるという。若い衛兵ハンスは同僚のニコラウスに連れられてその店──居酒屋「のぶ」を訪れる。木 の引き戸を開けた先にいるのはノブ・タイショーと呼ばれる主人と、給仕のシノブという女性。こぢんまりとした店内は、不思議な異国の情緒を漂わせ ており、見たことも聞いたこともない料理を出してくる。そして、キンキンに冷えたエール──「トリアエズナマ」がとんでもなくうまい! 噂は広が り、次々に客が訪れるようになるが、中には込み入った事情を持つ者もいて……。これは、異世界に繋がった居酒屋「のぶ」で巻き起こる、小さな物語。

邪神に転生したら配下の魔王軍がさっそく滅亡しそうなんだが、どうすればいいんだろうか(4)
2014/06/30 アルファポリス/星雲社
illustrator:fzwrAym 様
異世界に邪神ヒラノとして転生したサラリーマンの平乃凡太と、彼の信者となった大魔王ドラクゥは、二人三脚で魔界統一を目指していた―“徳”を失い、消滅の危機に陥った邪神ヒラノ。彼を救うべく、女神ヨシナガは“徳”集めに奔走するが、思うようには集まらない。そんな彼女に、見知らぬ女神がある商売の話を持ちかけた。ヨシナガはそれを罠と直感するが、他に選択肢がないため、あえてその話に乗ることに…一方魔界では、大魔王ドラクゥを滅ぼそうと“北の覇王”ザーディシュが、新たな策に打って出る。ドラクゥの師であるグラン・デュ・メーメルに、大魔王討伐の命を下したのだ。グランは、決して“北の覇王”に賛同しているわけではないが、かつての弟子との戦いに血を滾らせていた―ネットで大人気の異世界“神様”戦記ファンタジー、第4章!

邪神に転生したら配下の魔王軍がさっそく滅亡しそうなんだが、どうすればいいんだろうか(3)
2013/11/30 アルファポリス/星雲社
illustrator:fzwrAym 様
異世界に邪神ヒラノとして転生したサラリーマンの平乃凡太と、彼の信者となった魔王ドラクゥは、二人三脚で魔界統一を目指していた。“淫妖姫”パルミナをくだし、大魔王に即位したドラクゥ。それは、ドラクゥの決意の証であると同時に、現在の魔界で最大勢力の“北の覇王”ザーディシュに対する明確な敵対宣言でもあった。そして、ドラクゥは次の一手として、北への進軍と東にいるリザードマンとの交渉を開始する。一方の邪神ヒラノは、謎の体調不良に悩まされていた。どうやら何らかの理由で、身体の中にある“徳”が失われているらしい。しかし、ゆっくり休養している余裕はなかった。先日の人界進出の件で、とある神に目を付けられてしまったのだ―。ネットで大人気の異世界“神様”戦記ファンタジー、待望の第3章!

邪神に転生したら配下の魔王軍がさっそく滅亡しそうなんだが、どうすればいいんだろうか(2)
2013/06/30 アルファポリス/星雲社
illustrator:fzwrAym 様
異世界に邪神として転生し、魔界で魔王ドラクゥを信者にしたサラリーマンの平乃凡太。しかし、ドラクゥは戦に敗れたばかりで、拠点はなく、配下も二〇〇人ほど、おまけに追っ手が迫っていると、今まさに滅亡寸前の状態だった!その後、邪神ヒラノのサポートもあって、魔王ドラクゥは窮地から脱し、辺境ながらもアルナハの地を手に入れた。しかし、一都市を支配下に置いたに過ぎず、まだまだ天下へは遠い。そこで勢力拡大のために、邪神ヒラノは人界への進出を図り、ドラクゥは魔界で新たな戦いに挑む―ネットで大人気の異世界“神様”戦記ファンタジー、待望の第2章!

邪神に転生したら配下の魔王軍がさっそく滅亡しそうなんだが、どうすればいいんだろうか
2012/09/30 アルファポリス/星雲社
illustrator:fzwrAym 様
あの世へ行ったサラリーマンの平乃凡太は、異世界で邪神に転生することにした。彼は魔界に降り、一〇八人いるという魔王の一人、“廃太子”ドラクゥを信者とする。幸先が良い…と思いきやドラクゥは大きな戦いに敗れた身で、配下も二〇〇人しかいない。おまけに、追っ手まで迫っていると、どこからどう見ても、ピンチだった。ただ、軍略の天才と言われているドラクゥに、諦めた様子はない。危機にありながら、天下統一の野望まで秘めていた。歴史ものが大好きな平乃は、大喜びで邪神としてドラクゥのサポートを決意するのだが、新米邪神の彼にできることは少ない…果たしてこの状況、二人はどう切り抜けるのか!?異世界“神様”戦記ファンタジー、ここに開幕。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。